traveler:016 堀正岳

traveler:016 堀正岳

旅先:北極

使用ノート:モレスキン ホワイトノートブック(ラージサイズ)

堀さんの旅ノートは、表紙もゴムバンドも栞も真っ白なモレスキン。その旅先はなんと、北極なのです!白いモレスキンにぴったりな行き先ですね!

北緯74度の世界を旅したノートには、どんなことが書かれているのでしょうか…?

 

f:id:tabinotebook:20140228203057j:plain

表紙には、ホッキョクグマの足跡をデザインしたステッカーが。

堀さんの本業は、北極の気候変動を専門に研究する科学者。今回は、観測のために出かけた北極での記録をこのノートにまとめています。

 

f:id:tabinotebook:20140228203140j:plain

ページをめくると、北極の大自然の見せる美しい姿を収めた写真をいくつも見ることが出来ます。

こちらはオーロラが出現したときの記録。水平線からふわりとアーチを描く様子は、本当にカーテンのようです。

 

f:id:tabinotebook:20140228203206j:plain

また、地上に目を向けると自然の厳しさを目の当たりにすることも。ついさっきまで、ホッキョクグマがそこにいたのでしょうか。 

このような印象深い出来事のあった日には、右上のような見出しシールを貼って、すぐにそのページにアクセスできるようになっています。

右下にページを記入しておけば、更に便利ですね。

 

f:id:tabinotebook:20140228203227j:plain

こちらは、本業である観測記録をまとめたページ。堀さんの旅ノートにはこのような文字だけでなくイラストもふんだんに使った観測記録がびっしり書かれています。

仔細に書き連ねられたページを目で追っていると、自分がもし北極に行ったらどんなことを書くだろうかと、どんどん想像が膨らみます。

 

 

 

f:id:tabinotebook:20140118120135j:plain

広告を非表示にする